お尻

お尻

お尻ケアの情報

お尻 ニキビ

お尻の黒ずみニキビの3大原因

そもそもお尻はなぜ黒ずみやニキビができてしまうのでしょうか?

特に何もしてないのに気がついたらいつの間にか!なんてことがありませんか?

急に痛みだしたり友達と温泉や海で水着など恥ずかしくてたまりませんよね?

ではなぜぶつぶつニキビや黒ずみが出来るか?

それは特有の肌環境があるからです。

理由は大きく分けて3つあります。

1.座ることによる圧迫

2.汗やムレ

3.下着・ストッキングなどによる締め付けや摩擦

などの3点が大きな要因として考えられます。

職場で座る時間が一日の大半をしめているという人は要注意。

自分の尻の付け根の皮膚が黒ずんでいるのに気付きました。

仕事柄、長時間座りっぱなしなのが原因だと思います。

でも、座る時間を減らす→仕事時間が減る→収入が減る、なので長時間座りっぱなしの状況を辞める事は出来ません。

たまたまお風呂上がりにお尻をよく見てみたら、

片方の尻の割れ目あたりから太ももの付け根にかけて、

斑点状に灰色のあざのようなものがありびっくりしてしまいました。

一体いつからできていたのかわかりません。

痛みやかゆみなどは無いので、もしかして「座りすぎ」が原因でしょうか…?

思い当たる所は大いにあり、仕事が完全デスクワークで休憩はさんでも

10時間近く座りっぱなしなのと、家でも座布団は敷きますが畳に座って生活しています。

家でパソコンやる時もその体勢です。

片側だけってことは姿勢も悪いのかもしれません。

ふと気づくと汗ばんでいませんか?

お尻は体の中でもとても蒸れやすい箇所です。

特に衣服で覆っていて通気性が悪く、特に椅子などに座ったままの体勢が多い方などは

汗をかきやすく、すぐに蒸れてしまいます。

また女性の場合、月に一度生理で一週間ほど蒸れやすくなります。

そういったお尻の蒸れは、お尻の黒ずみやニキビなど肌トラブルの大きな原因となります。

おしりのザラツキに

お尻ケア

 ・解消法

適度に筋トレを心がける。

中殿筋が弱くなるとヒップラインが崩れて大殿筋が弱くなるとたれ尻になります。

こうなると肌の免疫力が衰え黒ずみやニキビの原因となってしまいます。

筋肉を鍛えることでおしりの代謝がよくなるので、おしりの皮膚にもハリとつやが出て

弾力のあるおしりになり座りっぱなしにも負けない肌環境となります。

下着はできるかぎり自分のボディラインにあったものを選び、お肌に負担がかからないものを身に付ける。

確かに、人に見られるようなものではなくてもデザインを重視したくなりますが、

毎日の行いがヒップラインを崩れさせ、トラブルを引き起こすことにつながりますので、

小さすぎず大きすぎない、自分の体にフィットしたショーツを選ぶようにしていきましょう。

そうすることでかなりお尻への負担を軽減することができます。

お尻を清潔にして保湿をしっかりする。

顔と同じように、ボディソープで洗った後には、しっかりと保湿をしてあげましょう。

保湿をすることによって、肌が健やかに保たれ、お尻の肌のターンオーバーも正常化するので、

綺麗なお尻になることができます。

お風呂上がりにジェルやクリームを使ってヒップ全体をマッサージして血行を良くし、

ターンオーバーを促進させる。

ジェルなどを使えば保湿だけでなく、マッサージの摩擦を少なくするメリットもありますので

必ず使用するようにしましょう。

上へ上へあげるようにしながらマッサージをすればヒップアップにもつながります。

おしりのザラツキに

お尻 トップへ戻る