花粉症

花粉症

花粉症対策

リラッキー通販 > 花粉症

花粉症 2015

ウェザーニューズ、2015年の花粉飛散傾向発表

 

飛散量は平年の1割増、東日本は3割増とやや多い予想 

最も飛散量が多いのは関東、平年より5割も増加する見込み

本発表は、花粉症に悩む方にシーズンの傾向を知ってもらい、

早めの対策を取ってもらうことを目的としています

2015年の飛散量は平年の1割増、2014年シーズンの5割増となる予想です

東日本は、平年よりやや多く平年の3割増、西日本では平年と同じかやや少なくなりそうです

最も飛散する地域は関東〜東海で、多いところでは平年の5割増となる見込みです

2月以降は徐々に飛散量が増えていくので、早めに事前の対策をとることをおすすめします

 

【飛散スケジュール】

ハンノキ 1月初旬〜4月初旬

スギ    2月初旬〜5月初旬

ヒノキ・サワラ 3月中旬〜6月初旬

コナラ・クヌギ 4月中旬〜5月中旬

イチョウ    4月中旬〜5月中旬

スズメノテッポウ  3月下旬〜6月中旬

カモガヤ   4月下旬〜

オオアワガエリ  4月下旬〜9月初旬

ヒメガマ・ガマ  7月初旬〜9月下旬

イネ    7月中旬〜9月初旬

ブタクサ  7月下旬〜10月下旬

ヨモギ  7月下旬〜10月下旬

カナムグラ 8月下旬〜11月初旬

セイタカアキノキリンソウ 10月初旬〜12月初旬

花粉症対策

花粉症 対策

季節性アレルギー性鼻炎、花粉症の原因アレルゲンでは、スギなどが圧倒的に多く、

時に 真菌しんきんの胞子などが関係している場合があります

飛散する季節は地方により多少のずれはあるものの、その種類によってほぼ決まっています

季節性アレルギー性鼻炎、花粉症の発症は20~30歳に多くなっています  

主な症状は、くしゃみ、水性鼻漏、鼻閉です

それ以外にも咽頭部や眼のかゆみや異物感、流涙、頭痛、皮膚炎のような症状など

さまざまな症状を示します

これらの症状は、通年性・季節性アレルギー性鼻炎、花粉症に共通の症状です

ダニをアレルゲンとする通年性アレルギー性鼻炎では、しばしば気管支 喘息ぜんそくが合併しますが、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、花粉症では、その頻度は比較的低いとされています

花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎の場合には抗原除去は不可能ですが、

外出時にマスクや眼鏡を使用すること、季節中は抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬を定期的に

内服すること、そして点鼻ステロイド療法が有効です

全身ステロイドの注射を行う医師がいますが、

重い副作用が起こりうるため安易にすすめられるものではありません

スギ花粉症については、標準化されたアレルゲンが発売されており、

唯一の根本的治療法としてアレルゲン免疫療法(減感作療法)が注目されています

 

【薬に頼らず花粉症の症状を和らげる方法】 

りんごに多く含まれる水溶性食物繊維ペクチンに、アレルギー症状の原因物質を減らす効果がある

即効性はありませんので、少しでもいいから毎日食べることが花粉症を和らげる

料理に利用したり、すりおろしたりしても成分の働きは変わらないので

いろいろ幅広く活用できるので重宝します

ブロッコリー 花粉症の緩和に効果のあるαリノレン酸、アルファリポ酸(αリポ酸)が多く含まれていている カリフラワーも同種の野菜なので、同じ効果があります

トマトから抽出さらたカロテノイド(主にリコピン)を継続的に摂取することで、

花粉症の自覚症状が改善

トマトの加工品を花粉症の季節の前後に摂取することで、

鼻づまりやくしゃみなどの花粉症を改善する効果が期待できる

ヨーグルト 腸内細菌のバランスを整える力が、花粉症にも効果がある

花粉症に効果がある食べ物の中で、特に人気が高いものです

一日200ml以上のヨーグルトを1年間摂取した人の3割で、

花粉症の症状軽快したという実験結果が報告されております

にがり 炎症を起こした鼻や目の粘膜の症状を和らげるマグネシウムが症状緩和に有効

にんにく ニンニクの臭いの元アリシンが、花粉症への充分な効果を発揮

ニンニクにはNK細胞というものが含まれており、活性化すると、

アレルギー性の過剰な免疫反応が抑制され、IgE抗体の産出を抑制してくれる

その結果、花粉症の症状も緩和される

タマネギ ニンニクと同様 アリシンが含まれている

臭いの元アリシンが、花粉症への充分な効果を発揮

にら ニンニクと同様 アリシンが含まれている 臭いの元アリシンが、

花粉症への充分な効果を発揮

チョコレート・ココア ポリフェノールを多く含み花粉症予防にも効果がある

ポリフェノールにはカカオポリフェノールという抗酸化成分など、 いろいろな種類があるのですが、

花粉症の原因のひとつとされる活性酸素の過剰な動きを抑える働きがあります

 

 ・花粉症を飲み物で温和

お茶

「バラ科の甜茶(てんちゃ)」が、眠気を引き起こさず、

アレルギー反応の元となる「ヒスタミン」の放出を 抑える働きがあるということが知られています

私たちが独自に実験した結果、このバラ科の甜茶に 、

北海道で古くから薬草として用いられてきた「クマザサ」と 「赤紫蘇」を加えることで相乗効果が高まり、

その実感度が飛躍的に高まるということが分かったのです

クマザサは、強い抗菌力で免疫バランスを整えて くれることで知られており、

体に取り入れるだけでなく 塗り薬としても昔から用いられてきました

赤紫蘇は「天然のステロイド」と呼ばれ、赤紫蘇に 含まれるポリフェノールの一種である

ロズマリン酸が、花粉症のグズグズ・ズルズルを軽くします

花粉症対策

花粉症 トップへ戻る